不動産の査定って何で値段が決まるの?

a1150_001338
適当に査定をしているわけではないのが、不動産です。どのように査定されて、不動産売却されているのか知ることが大切です。査定金額が決まるには、いろんな要因がありますので、事前にそれを知りましょう。自分が持っている不動産が、どのくらいの価値があるのかを知るのも面白いでしょう。

不動産の価格はこのように考えよう

査定は決まり方に対して、合理的な判断はできないことを前もって知っておきましょう。いろんな材料が含まれて決まります。不動産そのものが持っている特徴を個別性と言いますが、もちろんそれも加味されますし、土地の価格や近隣の特性、また都市開発や価格を左右します。一概に自分で良い土地に住んでいるから期待を持てると言ったものではありません。合理的な判断ができないことかとから、不動産売却は難しいです。

価格が変わる要因

個別性から見ていきましょう。物件の形状も問題になります。たとえばデザイナーズ物件であった場合、それは個別性として評価基準が上がることになります。また土地の特性も大切です。大きな道路が近くにあり、交通の利便性や生活をする環境に適してれば査定は良くなる傾向があります。
ひとつだけ確かなことは不動産は同じものがないことです。マンションや一戸建ての形状が同じようなものがあったとしても、建物の方位によってもその価値が変わります。このようにみれば、絶対に同じ不動産がないことがわかるでしょう。だからこそ不動産売却が難しいことになります。合理的な判断ができないことがわかるはずです。

土地が上がれば価格もあがる

年に一度公示地価の公表がされますが、それでも不動産売却をするときの材料になります。土地の価値があがれば、物件にもその恩恵を得られますので、査定を受ける絶好のタイミングにもなるでしょう。もちろん地価が下がることも考えられますので、そのタイミングで受けた査定は落ちることになります。安定している土地であれば、やはり高い傾向があり、またこれから都市計画によって跳ね上がることも考えられます。

収入還元法も加味される

今までは地価や近隣取引価格などで判断されていましたが、最近は収入還元法によって価格を決めることもあります。期待することができる現金収入額を決め、それで資産の価値を決める方法です。たとえば現在持っている1万円は数年後どのくらいの価値があるのかわかりません。それを予測することによって決める査定になります。為替に似ているようなものであり、良い評価されればラッキーといったことになるでしょう。
もちろん勘で決めているものではなく、土地や建物の価値、そして生活環境や未来の街の在り方など総合的にみて判断されるものです。宅建業の知識を持っていない売主にとってみれば、予測することが難しいです。地価といった比較的得やすい情報によって判断することはできませんので、判断する専門家に価格は左右されやすいです。

物件自体の特徴とタイミング

日本は治安は良いですが、災害が多い国であり、いろんな要因がリスクを高めます。その年にある災害が起きればそのリスクに晒されている都市は、やはり評価が落ちる傾向にあります。かといって寝かせていることで価値があがることもあります。非常にタイミングが難しいです。

単純に測れないのが価格

合理的な判断ができないことの理由がわかるでしょう。さまざまな事情によって判断され、最終的には不動産会社と宅地建物取引士といった専門家の見解によって決められます。
不動産売却にかかる費用
■http://www.hudosanbaikyaku-navi.com/

新着情報

◆2016/08/18
不動産の査定って何で値段が決まるの?の情報を更新しました。
◆2016/08/18
不動産売却に対して熱意を求めるの情報を更新しました。
◆2016/08/18
合理的な判断をする基準が少ないの情報を更新しました。
◆2016/08/05
企業情報の情報を更新しました。
◆2016/08/05
担当者に左右されることを忘れずにの情報を更新しました。